頑張る人ほど「利用」され「搾取」されるのは世の常だ。カネの威力に惑わされているのは変わらないけど、少しずつそれ以外の幸せの感じ方も分かってきた。それに気付くと「地位」とか「権力」が陳腐なものと分かり、それを誇示する者を見る目も変わってきます。

自分が「いい歳」になり、若い頃に思っていた「中年はどうしてああなのか?」みたいな蔑んだ疑問が、ブーメランになって今の自分に飛んできている。

よくテレビや雑誌などで「良い歳のとり方をしている」と評し、時の人をとりあげたりしている。彼らをうらやましいとは思わないが、そうなりたくない、とも思わない。つまりどういう生き方でも、人それぞれなのである。

ここ数年、通勤時にみかける動物たちに癒されます。自然な感じがうらやましいのです。すずめやカラス、時にはカモシカ、そんな動物たちが一番幸せかもしれません。