Archives

All posts for the month 9月, 2018

最近、節約と時間の節約のために、なるべく余計なものを持たないようにしようと努力しています。

余計な買い物をしないように気をつけたり、今持っている物は長く持てるように気を付けていますが、私がいくら努力しても周りがそういうタイプではないためなかなか上手くいきません。

私の両親は職業が安定していて先々の心配をしないで過ごしてきたと言うこともあり、今を楽しもうタイプで、どんどん消費しています。

私が持ち物を少なくして、今あるものを大切にしようとしても、どんどん自分が使わなかったものを渡してきたり、古い服などを目ざとく指摘して困ってしまいます。

それでも、自分がいいと思ったことは貫きたいと思うのでめげずにミニマムを目指して頑張っていきたいと思います。

「みっともない」と「質素」の境目はひとそれぞれなので難しいんでしょうね。

去年から、とある趣味の繋がりでツイッターで繋がっていた女性の知り合いがいます。知り合いと言っても会ったことはないので知り合いと言うのも変ですけどね。いつも自撮り写真をアップしている方ですが、首の真ん中から頭の上までしか写さないのですよね、見事に。普通もう少し上半身まで写したりする人が多いと思うのですが見事に首の真ん中ぐらいから上しか写っていないのです。

アップな写真が好きなのかな、と思っていたのですがその理由が何となく分かったのが昨日でした。DMのやりとりで、全身が写っている写真を送って見せてくれたのです。そしたらかなり横幅がある方だと発見しました。この前二ヵ月で10キロも減らしたとつぶやいていましたが、10キロなら簡単に減らせるぐらいの方だったのだな、と納得してしまいました。恐らく上半身に関しても身体をあまり写真に写したくなかったのでしょうね。ダイエットの成功、私も応援しています。

人生初の沖縄です!

台風の予報が出ていましたが、見て見ぬフリをして飛行機で向かいました。

 

ホテルに着いて寝て、起きた後、窓の外を見てガッツポーズをしました。

見事な快晴です!

朝ご飯を食べ、用意をし、車に乗り込んだあと、美ら海にむけて、しゅっぱーつ!

と意気こんでナビに入力したところ何と約90キロ

「わ、わりと遠いんだね・・・」とやや絶句しながら一般道路から向かいます。

ただ途中きれいな海がいくつもあり、「きれー!」と叫びながら見てました。

美ら海水族館の前に、まずは腹ごしらえ!

ツイッターで見かけた「カフェARK」さん。

ややわかりづらいところにあります。看板が一応たってはいます。

降り立っての第一印象は「インスタ映え!」

沖縄感満載の花や草木が私たちを迎えてくれます。

レンガ造りの階段を登り、カフェに入ると解放感あふれるお部屋が。

大きな窓から見える海が最高です。

窓辺には貝殻や小さな水槽の小物が置かれててまた素敵でした。

トンボやヤモリがいるの苦手な人は注意です。

私はヤモリ大好きなので、黄色い声をあげながら撮影していました。

景色や店内は言うことなし!なので次に重要なのはメニューです。

メニューは「ARKスペシャル」みたいなやつにしました(曖昧・・・)

ご飯の上にチーズやキャベツ、その他もろもろがのっており、いろんな味が楽しめるとのこと(またまた曖昧・・・)

実際料理が運ばれてきて、まずサイズが大きくて驚きました。

女性ならシェアしてもいいくらいの大きさ。これでアイス三つついて1600円くらいでした。安い。

味は……ほかのメニューでもよかったかな(笑)って感じです。決してまずくはありませんが、なにしろボリューミーで……。

好きなアイスの味を三つ選び、テラス席へ!

360度の海のパノラマを見渡します。

ツイッターで結構回ってたので混んでるかなと不安だったのですが、私たち以外は誰もいませんでした。

アイスを食べながら「きれいだねー」と海の美しさや緑のコントラストに見惚れます。

堪能したところで、美ら海水族館へ向かいました。

近くのコンビニで割引チケットを購入し、いざ入館へ。

印象としては、

とにかく人がすごい

中国語を喋る人間が水槽の前からどかないわ、フラッシュたいて撮影するわで辟易しました。

あ、でもジンベイザメは大きくて優雅で、見ているだけで癒されました。

二匹いたのですが、一匹がサービス精神旺盛!

偶然だと思うんですが、私の前でおなか見せながら翻ったときは思わずほっこりしました。

水族館好きでいろんなところへ行ったのですが、比べてみて思ったのは

「あ、割と普通の水族館」だなということ。

特に変わった水槽や世界観があるわけでもなく、

よくあるテーマ(淡水魚、深海魚など)で分けられ展示されています。

サンゴのテーマはもう少し大きくてもいいのになあ。沖縄だし。

沖縄の魚をもう少しじっくり見たかったのですが、

人がすごかったので流し見で我慢しました。

あとジュゴンやカメがいます。

コロンブスがジュゴンを見て

「私が実際みた人魚は、書物に記載されているような美しい動物ではなかった」

というエピソードにはくすりと笑ってしまいました。

(確かに茶色で太ってて美しくはないかも)

一番たのしかったのはイルカショーでした。

40分くらい座って待ってたかな?

ポケモンGOのジム戦をしてたので特に苦痛ではありませんでした。

そしてはじまったイルカショー!

どこの水族館もそうですが、イルカショーって何回みても楽しい。

プールの向こう側に広大な海が広がってるのもいい。

ただ席がとれなくてうろちょろし、あげくには通路で立って見ようとしている人間、お前はダメだ。

途中水かけタイムが入ります。

ちびっこに水をかけるタイムと、大人に水をかけるタイム。

二回あり、スタッフの人がそれぞれ募集をかけます。

「おとなのみなさーん!はい空気よむところですよー!!前にきてー!!」

と笑いを誘ってました。

それにしても通路で座ったり、観劇中立ったりする図々しい人に限って、こういうのにはノらないんですよねえ……そこも図々しく行けよと。

子供たちはイルカが近くでざぱーん!と飛び跳ねて水をかけてたのですが、

大人の水かけの方は何というか……地味でした(笑)

でも地味なのに、頭からつま先まで思い切り濡れてたので、シュールさに会場は爆笑の渦に包まれました。

そのあとは半日かけて車で帰りました。

帰りは高速だったので私が運転したのですが、意外とマナーがいい……。

(地方民って道が広い分、運転が荒いイメージでした)

レンタカーが多い分、慎重な人も多いのかもしれません。

ホテルに帰り、予約していた沖縄料理の老舗うりずんへ。

国際通りから歩いて約15分のところにあります。

沖縄料理を堪能し、泡盛もぐびぐびと飲みました。

もずく揚げ美味しかったんですが、にんじんと一緒に揚げてたのが微妙ですね。シンプルでいいのに(何様だ)

予約していたおかげか、広い席だったし、おちつけてよかったです。

バイトのインド人?の女の子に料理内容を聞いたりできなかったのが悲しかったですが

あと泡盛の「残波」も飲みました。

泡盛は苦手なのですが、こちらは社長さんが「女性でも泡盛が飲めるように」とつくったものだそうです。

口当たりが柔らかくて飲みやすいです、おすすめ。

片道90キロの道を往復し、晩御飯はおなか一杯になるという充実な一日でした。

次は空いている時期に行きたいです。

大阪旅行で道頓堀に行ってきました。

高校時代の友達との3人旅です。昼頃に大阪に到着し、心斎橋から難波へ向かって歩きました。意外と大阪弁を喋っている人は少なくて、「あまり大阪に来た感じがしないね」なんてことを話しながら歩いていました。商店街の中を歩いていたんですが、軒を連ねる店は大体見知ったチェーン店ばかりでした。

それも道頓堀へ近づくに連れて段々と雰囲気が変わっていき、戎橋に近づく頃にはすっかり大阪の雰囲気でした。有名なグリコの看板も見れてもう大興奮。ちゃんとグリコのポーズを取って看板をバッグに写真を取りました。

その後は戎橋近くにあるくくるの本店に並びました。地元にあるチェーン店ですが、やはりそこは本店! たこ焼きのあまりの美味しさに感動して、もうヒトサラ頼もうかと思ったくらいです。大阪のたこ焼きと銀だこのたこ焼きは違う、という話をよく聞きますが、道頓堀で食べるたこ焼きは柔らかくてジューシーで、噛み締めたくなるような美味しさでした。