Archives

All posts for the month 10月, 2016

過払い金請求は、行う前に確認しておくべき点がいくつかあります。

まずは、請求が行える期間であるかどうかです。

過払い金の請求手続きが行えるのは、完済から10年間です。この期間を過ぎてしまうと消滅時効が成立してしまい、請求できる権利が無くなってしまいます。

従って、過払い金が発生していると思われる業者がある場合、完済をしてから10年が経過する前に請求行う必要があります。

その業者をまだ利用している場合は、この10年という期間は始まってもいないので、今後完済した後にいつでも請求することが可能です。

そして、この完済後という点が大事になります。

対象の業者をまだ利用中の場合、完済するまでは請求を行うべきではないと言えます。これには理由があり、利用中にこの過払い金請求を行うと、任意整理という扱いにされてしまう為です。

任意整理となってしまうと、債務整理を行ったということになってしまいます。これにより、信用情報がブラックとして扱われることになってしまい、その他の業者や銀行の利用、そして、クレジットカードなどのローン契約にも影響が出てしまいます。よって、過払い金請求は完済した後に行いましょう。

例外として、利用中に過払い金請求を行っても、この任意整理とは扱われないケースがあります。それは、請求によって返還される金額が現在の借り入れ残高より多く、返還金が受けられる場合と、返還される金額を借り入れ残高から差し引いて、残った金額を一括で支払える場合です。

これらの場合は任意整理という扱いにはならないので、利用中の業者がこのようなケースに該当すると思われる場合には、過払い金請求を依頼する弁護士、または司法書士に相談してみましょう。

また、過払い金請求を行うと、原則的に今後その業者は利用できなくなります。

この請求は消費者金融などの金融業者だけでなく、クレジットカードを使ったキャッシングに対しても行うことができますが、この場合、そのカードを利用した今後のキャッシングだけでなく、ショッピングでの利用もできなくなってしまうので注意してください。

最後に、依頼する弁護士や司法書士の報酬についてです。

債務整理と過払い金の費用については、取り戻せた金額の何%ということがほとんどですが、中には最初に着手金を要求されることがあります。

このような報酬を最初に支払ってしまうと、もし返還が受けられた金額がそれ以下だった場合、請求をした意味が全くないどころか、マイナスになってしまう可能性さえあります。過払い金請求を依頼する際には、この報酬についてもきちんと確認してきましょう。