Archives

All posts for the month 7月, 2015

そういえば、有名な女性シンガーの曲に「糸」をテーマにしたものがあります。

初めて聞いたとき、うまいこと言うものだな、と、友人が歌詞を聴きながら感心していたのを思い出します。

縦糸と横糸、私はなぜか機織りに興味を持っていました。

多分、昔話の影響でしょう。

あれができるのが素晴らしいと思っていたからです。

本格的な物でなくても、紙を切って、縦をつくり、横をなみなみにくぐらせて、

市松模様のような紙の飾りを作ったこともありますが、これが平織の勉強なのでしょう。

織物、編み物、縫物のうちで、もっとも手軽で、男女ともに一応できないと困るのが縫物だと思われます。

それにしても最近、手縫い糸が勝手に途中で玉結びを自分でしてくれることには閉口しています。

あと少しで縫い終わりなのに、と思ったところで、あれ?ひっかかって糸が出てこない、と眺めてみると、

途中で玉になっています。

こういうときは泣けてきます。

我が家には高1の娘がいます。

色気とは無縁で、いまだに月曜日には「少年ジャンプ」を買って学校に行っているお子ちゃまです。

その娘が、先日、ある漫画について、珍しく私に話してくれました。

ジャンプ連載中のラブコメだそうですが、主人公の友達に病弱の女の子がいて、その子についての話なのです。

彼女は持病が悪化し遠くで治療を受ける必要が出てきました。

その話を聞いた主人公(男)が、その子の実家に乗り込んでいって、「彼女の自由をどう思っているのか?」と問い詰めたのだそうです。

それに対して親御さんは「そこまで言うなら娘の体調や人生に対して責任を負えるのか?」と聞いても、きちんとした答えが出せるわけでなく、その少年はそのお宅からたたき出されました。

それに対して、その少年がその親のことを、娘の自由や幸福を考えないで親の権力で子供を意のままに操ろうとする横暴な親だとみなして怒り狂っていたとか。

実は娘の親友が、去年、長期にわたって入院を余儀なくされました。

彼女の入院先は全国的にも大規模な小児専門病院で、重篤な入院患者の多いところでした。

(幸い彼女はそこまで深刻な病気ではなく、2か月ほどで退院して今は学校に通っています。)

お見舞いに行った時、娘は、点滴をつけて足元もおぼつかなかったり、髪の毛が抜けて帽子をかぶっているようなお子さんが何人もいるのを目にしています。

ちょうどお見舞いに行った日がジャンプの発売日で、重い病気のお子さんが売店に買いに来ていたのだとか。

「きっとそういう子にとって、週に1日、新しい漫画を買うことが、とっても大きな支えになっているんだと思う。

信じられないくらい辛い治療でも、また月曜日になれば新しい漫画を読めるから、頑張ろうって思っている子が、日本中に何人もいるんじゃないかな。

そういう子がこの漫画を読んだら、絶対に深く傷つくよね。

ジャンプは、そんな子のことはどうでも良いって思っているんだろうか…。」

娘の感想です。

最近は子供用のキッズコスメや子供化粧品などがたくさん販売されているようですね。

つい先日もうちの妹の子供、つまり姪っ子が遊びに来ていて一生懸命子供用化粧品でおしゃれしていました。

私は男なのであんまりその気持ちは分からないですけど、子供の頃って母親の化粧品って結構興味深々。それが女の子ならそりゃあ興味も尽きないでしょう。

まあさすがに母親の化粧品となるとそれなりに高いものもあるので、それをおもちゃ代わりにされてしまっては困ってしまうと言うことで、子供用の化粧品を買い与えたそうです。

まあ大人用と違って結構見た目もかわいらしいつくりでちょっとしたヘアアクセサリーとかも入っていたり、ネイル用のキットも入っていたりで子供にしたらそりゃあ楽しいでしょうね。

昔と違って最近は本当にいろんな趣向を凝らしたおもちゃが販売されているので子供たちは恵まれているなと思います。

平日のお昼は自作のお弁当だし、お菓子やパンなどはスーパーマーケットで買ったほうがお得だから、と、普段はあまりコンビニを使わないよう心掛けています。

でも、この間、自宅から歩いて数分のところにあるコンビニにコピーを取りに行った時、素敵なものを発見してしまったのでした。

それは「ソフトクリーム」。バニラやチョコ、抹茶など5種類あり、カップかコーンを選んでレジで注文すると、店員さんがぐるぐる作ってくれるのです。

ガリガリ君などと一緒に冷凍コーナーにかぱっとフタが付いている量販的ソフトクリームも好きなのですが、カチカチで固くて…。試しにチョコ味ののソフトクリームを注文して食べてみたら、別物の美味しさでした。

それからというもの、会社の帰り道、そのコンビニの前を通るたびに「ソフトクリーム買っちゃおうかな」という誘惑と戦う日々を過ごしています。

今のところ、「毎日食べていたらブクブクになっちゃうぞ!」と自分に言い聞かせて、何とか週1回くらいで抑えています。

不妊治療を専門としているクリニックは沢山あります。その中でも、さわだウィメンズクリニックでは、不妊治療とは言え自然妊娠を主に考えているクリニックです。不妊を疑って来院する患者に対して、まずは一通りの検査を行います。子宮などに不具合がないかなどの検査です。

これら一連の検査に大きな問題が見つからなければ、まずはタイミング療法などから開始します。タイミング療法は、排卵の状態を予測するために欠かせない方法ですから、基礎体温を毎日計測する事柄から始めます。そして排卵のタイミングを見計らうのです。それでも効果が見られなければ、排卵誘発剤を使用したりする治療方法にステップアップしていくのです。それでもなかなか妊娠に繋がらないとなれば、人工授精や体外受精といった手段もあります。一見すると女性側にばかり非がある様に受け取られる方もいるかもしれませんが、そんなことばかりありません。男性側の検査も行いますので、男性の協力も勿論大切なのです。

私は去年の秋に、テレビでブライスドールというお人形を見て、怖いけど可愛いなと思ってしまっていました。

でも40歳を過ぎてまで、人形を買って遊ぶことはないだろうと思ってしまっていました。

でも、ネットでブライスドールの服を作って遊ぶ、40代の主婦が多いことを知ったのでした。

ネットで探しまわって何とか、ブライスドールを買いました。

その顔があまりにも可愛いので、毎日話しかけてしまっていたんです。

オークションで服や靴もかなり買ってしまって、お金を使ってしまっています。

もうそのブライスドールに夢中なのですが、今朝頭のところにブライスドールを置いて寝たのですが、

夢の中で「おねーさん、タンスの上に私を戻してください。」といってきたので、少し怖くなりました。

ブライスドールが喋ったのだと思っていますが、もう一緒に寝るのはやめました。

私は妊娠中に保育士の資格を国家試験で取得し、出産してから少し生活が落ち着いたので、保育士のパートで就職を目指しています。保育士の経験がないことと、子供がいることで、就活は思った以上に悪戦苦闘中です。

未経験OKで、希望勤務時間の条件も合っているのに、子供がいることが分かったとたん、「子供がいる人は…」と、暗に辞退をせまられたりすると、とても悲しい気持ちになります。保育園は、働くママを支援する施設だと思っていたのに、実際、身内に対してはそんな対応が現実なんですね。

確かに、子供がいる人は労働力としては劣るというか、仕事が第一ではないということが雇用者から見れば、マイナス要因なのだとは思うのですが、そこまであからさまに言われると思わなかったので、ちょっとショックでした。

でも、昨日、面接してもらえた保育園の園長先生は、「子供が風邪ひいたら、それは仕方ないので、なんとかしますよ」と笑いながら言って頂いて、とても救われた気持ちになりました。この園に、採用してもらえたら、絶対後悔させないように頑張りたいです。

今日は会社の先輩・後輩とビアガーデン!!

かなり人気のお店のようで、予約に2週間以上かかりました!

これはたのしみ?

さらに日中かなり暑かったったので、夜のビールに期待大!

ところが・・・・。

夕方頃から頭が痛い。たまになるんですが、何かおかしい。

先輩に相談する。

「お前熱中症じゃない?水分とれよ。」

まじか。人ごとだと思っていたのにまさかの。

今日に限って。

とりあえず水分をたくさんとって体調を伺う。

すこしマシにはなったもののまだ痛い。

が、そのままビアガーデンへ!!

気合いでなんとかなるでしょ!!

やっぱりビールはうまい!

でも、アルコールが頭痛に拍車をかける!!

ということで、途中からコーラでした。

まぁみんなと行けたし、ご飯はおいしかったし、良しとするしかないですね☆

次こそは体調万全で行きたいね!

水分補給はこまめに行いましょう。

以前付き合っていた異性と復縁をしたい、またはよりを戻したい人は復縁パワーストーンを付けておくといいです。復縁パワーストーンを身につけるだけで、その願いや思いが異性に届くと言われているからです。私自身も実際によりを戻したいそんな異性が居たのですが、復縁パワーストーンを身につけて相手の事を強く思っていましたら、相手の方から寄り添ってきて相手の方とよりを戻す事ができました。

このようにパワーストーンで復縁にはすごい不思議なパワーがありますので、本気で異性と復縁をしたい、よりを戻したい人は身につけておいて損はない物だと思いましたし、その願いがきっと相手に届くかと思います。復縁パワーストーンが欲しい人は少々高い物ではありますがブレスレットタイプなど色々な可愛いらしい物やオシャレな復縁パワーストーンもありますので、自分の好みのタイプを選んで購入すると良いですし本当にオススメです。

はい、残念でした、と言われないまでも、もっとも残念に感じているのはもちろん当事者です。

目も前で、先着の粗品がなくなるのは何とも気分が落ち込むもので、逆に、そんなことで、と笑われることもあります。

ああ、あそこに、スペースがある、急げ!と車を走らせると、さっと車を先に入れられ、また、駐車スペース探しを

する羽目になることも、こういう日は、朝から晩まで不運続き、そういう日もあるさ、と一日の終わりには、何も考えずに、

好きな本でも読んで寝ます。

今日は買い出しの日だ、と思えば、お店が開店する前から、頭の中で、あそことあそこにお買い得品置き場がある、と繰りかえし、

開店と同時に走って行きます。

それでも、それ、いつも私が購入するパンだ、と思うものを早々と購入して帰る人もいるわけで、

一歩遅かったなと感じます。

信号も、踏切も、一歩で足止めをくらってしまいます。