東京でタクシードライバーに転職すると年収600万も夢ではないと言われています。国産自動車交通株式会社の評判をチェックしてください。
しかも未経験の20代からタクシードライバーになった人でも600万に近い年収を得ることが可能なのです。そう考えるとサラリーマンで仕事を続けるのではなくタクシードライバーに転職してみようかなと思ってしまいますよね。
でも実際のところ勤務時間が長そうだ、拘束時間が長いからお給料も高いのではないのかと思われるかもしれません。タクシードライバーの求人情報を見てみると分かるのですが、タクシードライバーの仕事は意外と休日がちゃんとあります。お休みが取れるだけでなく自分の都合に合わせてシフトも組みやすいと言われています。自分の自由な時間も確保しやすいのでプライベートと仕事をメリハリつけて行えます。
このように良い点をあげましたが実はタクシードライバーの仕事に転職して失敗している人もいます。それは選んだタクシー会社が悪かったことが大きいでしょう。
タクシー会社ならどこでも良いというわけではありません。優良な会社を探す必要があります。求人ではどのような点を見れば優良企業か分かるのでしょうか。
確認したいポイントをまとめました。
・事故補償があるかを確認すること
事故を起こしてしまった際に会社で補償があるのかどうか確認する必要があります。
補償が無い場合は優良企業とは言えません。
・知られていない企業
タクシー会社を選ぶならできるだけ名前の知られた大手にしましょう。
・社員教育体制が整っているか確認
社員教育制度がしっかりしている会社は未経験でも活躍できるチャンスがちゃんとあります。しかし教育制度がおろそかだと未経験では成績を出すのが難しいでしょう。
・免許の費用を負担してくれるかどうか
タクシー運転手になるためには自動運転免許の普通2種が必要になります。この取得費用を会社が負担してくれる、または一部負担してくれるか確認してください。
・福利厚生をチェック
福利厚生がしっかりしていると安心して働けます。こちらもチェックしましょう。
・休暇がきちんと取れるのか
休暇が取得できるのか有休消化率を確認しましょう。
これらを確認すれば優良企業かどうか見極めやすくなります。