街をぶらぶら歩いていたら、背中の方から「ナオキ」と名を呼ばれたました。誰かと思って振り返ったら、二年前まで付き合っていた花織でした。花織とは出会いから別れまで3年ほど交際しましたが、こんな所で偶然に出会う事もあるのかと二人で驚きました。

どちらからともなく久しぶりにお茶でもという話になり、話も弾んで近くの遊園地に遊びに行きました。婚活サイトで知り合って、直ぐ付き合うようになりましたが、あの頃の楽しい思い出が記憶によぎります。

土日の休みに二人で出かけた事や、一緒に夜を過ごした事など思い出します。些細な事から小さな喧嘩をきっかけに別れてしまいましたが、花織は可愛くて性格も良くて気に入っていたのです。きっと花織も私に対して悪い印象は無いはず、嫌だと思えば声を掛けず無視することも出来たわけだし、遊園地でこんなに楽しく遊ぶ事も無いでしょう。

居酒屋で軽くお酒を飲んだ後は昔のように腕を組んで歩きました。笑顔が本当に嬉しそうでこちらも嬉しくなりました。ホテルに誘ったらやんわり断られてしまい、場も白んでそのままさよならしました。再会は甘くなかったです。