保育士というと、保育園で勤務することだけをイメージしがちです。ほとんどはそのような働き方ですが、子供の保育を必要とするところには保育士のニーズがありますから、保育園以外でも保育士求人があるものです。家庭で子供を保育する形のベビーシッターとして求められることもあります。これから子どもの数は減ってはいきますが、共働き家庭の増加などにより子供の保育のニーズはそれほど減らないといえるでしょう。しかし、保育の形は多様化し、個々のニーズに応じていくことを求められることも多いのです。

そのような形の一つとして、病棟保育士、病院保育士という形も登場しています。主に病院内に入院している子供たちの保育ケアにあたるスタッフです。医療的なケアは医師や看護師が行いますが、子供はそれ以外にも手厚いケアを必要とします。重い病気の場合、自宅と病院が遠く離れていることも多いため、普段は親と離れて暮らしている子供もいるので、特に精神的なケアなどには気を遣っていかなくてはなりません。さらに病院に入院している子供たちは病気で辛い戦いをしているため、変化をきちんと把握し適切に対応できる医療的な知識を持った保育者の存在が必須なのです。病棟保育士等の存在は治療だけではなく、今後の生活を見据えたうえでの教育や、病気に立ち向かうための前向きな気持ちを手助けする存在として重要なものとなっていくはずです。

現在はまだ病院内で病棟保育士の求人するという場面は少ないですが、今後はこうしたニーズも伸びていくことが予想されます。病棟保育士、病院保育士として活躍したい場合は、今のうちにスキルアップを図り、将来の活躍に備えておくとよいでしょう。保育士資格と保育への深い知識はもちろん必須ではありますが、病棟保育士として働くためには医療などへの理解も必要になりますから、そういった勉強も必要になります。こうした医療分野についての勉強は通常の保育士としての仕事にも直接生かすことができ、より専門的な保育ができるようになるというメリットもあります。本格的に病棟保育士を目指したいなら、保育士資格だけではなく看護師資格などを取得しておくと採用されやすくなるでしょう。