外国人は、日本で自由に働けるわけではありません。

日本に滞在するにも、就労するにも原則として資格が必要です。これが通常、就労ビザと呼ばれるものです。

自由に働ける外国人もいますが、それもまた、自由に働ける在留資格があるからこその話です。

永住者や定住者、「日本人の配偶者等」などの資格のある人は、就労の制限がありません。

南米から日系3世が出稼ぎに来ていますが、彼らは定住者に該当します。

コンビニや飲食店では多くの外国人留学生が働いていますが、彼らは制限内で、就労する自由を持っています。

留学生は、夏休みなど学校が休みの時季を除いて、週28時間までに就労が制限されています。

最近では、日本に留学したあとで一般の企業に勤める外国人も増えました。

彼らは、「技術・人文知識・国際業務」のビザが下りている場合が多いです。

このビザが下りるためには通常、大学や専門学校で、業務と関連する専門業務を履修している必要があります。

最近増えているのが、留学生ではないのにコンビニ等で、しかもフルタイムで働いている外国人です。

彼らは、実習生という名目で来日しています。小売業を学ぶという名目で就労しているのです。

この実習生として認められるためには、本国での小売業経験が必要です。

ところが実際には、ブローカーに手数料を支払い、偽造の前職証明を得ているといわれています。

日本の人出不足を背景に、このように違法な就労実態が当たり前となっている現実があります。