LEDライトの懐中電灯の明かりが従来のライトよりも相当明るく、しかも長持ちするという事は夜釣りを通じて良く知っていたものの、自分の携帯電話にその機能が付いていると知ったのはつい最近の事でした。

帰宅が遅く暗い夜道を歩いている時、ふと着信履歴を調べたく携帯電話を手にしたのですが、取り出したところやけに明るく、裏面から強烈な白い明かりが漏れています。

変なボタンを押してしまったのか?と各ボタンをチェックするうちに、電球マークが記されているボタンが初めて目に入り、状況を理解しました。どうやらそのボタンを不意に長押しした結果、ファンクションで割り当てられていた懐中電灯機能がオンになり、裏面から強い光を照射したらしいのです。

機械音痴、しかもガラケーで普段から通話やメールしか使いこなしていなかった私でしたから、そんな機能があるとも知らず、すっかり感心した次第。その後は暗がりで落し物を探す際もわざわざ懐中電灯を持ち出す事無く、近くの携帯を手にし役立てる事が出来る様になりました。