友人いわく、靴に求めるのはデザイン、見た目のみだそうです。

可愛ければ、多少歩きづらくても作りが甘くても我慢すればいいんだそうで・・・

私の場合は真逆で、履きやすさ・歩きやすさが一番です。

普段とにかく長距離を歩くというのもありますが、自分の足に合った靴を履くのが心地好いからなんです。

歩きやすさを追求した結果、ほぼスニーカーとトレッキングシューズのみ、ブーツが少々、そんな感じです。

夏のサンダルすらないんですよ。

裸足でサンダルを履くと、必ずひどい靴擦れができてしまうんです。

靴下を履けばまだマシなんですが、わざわざ靴下を履いてまでサンダルを履きたくないんですよね。

フォーマル用の黒のパンプスは一足持っていますが、ヒールのついた靴はそれだけです。

後は全て、歩きやすさを重視して厳選した靴たちです。

かなり酷使するので、履いた後のお手入れはしっかりとしますよ。

皮革製の靴は、風通しの良い場所で陰干ししたり、ブラシで汚れを落としてから防水スプレーをしたりします。

スニーカーは水洗いしたいところですが、ゴシゴシ洗うと劣化が早まる気がするので、ほとんど洗いません。

でもちゃんと、型崩れしないように保管していると長持ちしてくれますよ。

愛用の靴は、丁寧に扱うことでますます愛着が増してくる感じがしますね。