相続と言えば法定相続人に遺産が相続され、控除分を除いた部分には相続税が掛けられます。こうした相続税をいかに節税するかと言った事がよく話題になります。

しかし、財産相続にはプラスの相続としての資産の相続の他に、借金などのマイナスの相続も合わせて行う必要があるのです。財産を相続する場合には、こうした負の遺産・マイナスの遺産も相続する必要がある事を知っておく事が重要です。

これが相続の原則ですが、多額の借金をしている人が亡くなり、相続人がその借金を引き継げば、相続人の生活が立ち行かなくなる可能性もあり、これを救済する手段として相続放棄と言う制度が設けられています。

借金だけ相続放棄をすれば、負の遺産・マイナスの遺産を引き継ぐ必要はなくなるのです。もちろん、この制度を活用すれば、プラスの財産も同時に放棄する事になります。プラスの財産相続もあるけれど、それ以上に巨額の借金がある場合は、プラスの相続を引き継げないけれど、借金を引き継ぐ必要も無くなると言う制度です。

法律的には、相続放棄の手続きをすれば、元々その人が相続人として存在しなかったと見なされるのです。従って、放棄した人に子供が居ても、代わりに相続すると言う代襲相続も生じません。負の遺産・マイナスの遺産相続を回避するためにこの遺産放棄制度がある事も知っておくべきです。

ただし、この相続放棄には手続きを行う期限があり、負の遺産・マイナスの遺産がある場合には、3か月以内に、家庭裁判所にこの申し立てを行う事が必要と言う期限があります。

大きな借金を相続して背負い込まないために、借金がある事が分かっていて、相続放棄をしようと考える場合には、すぐに弁護士や司法書士に相談すべきです。相続放棄をしたいと思いつつ、プラスの相続分に手を付けたり、不動産の名義変更を行ってしまうと、相続放棄ができなくなりますし、自分が相続放棄する事で次順位の相続人が出て来る事になり、その人に迷惑を掛けると言う事も考えられます。

先に記載したように、相続はプラスの財産とマイナスの財産を合わせて引き継ぐのが原則で、マイナスの財産相続として大きな借金などを引き継ぐ事を救済する制度として相続放棄と言う制度がある事を、まず知っておきましょう。その上で、大きな借金を相続する恐れがある場合には、軽はずみな行為を行い相続放棄できなくなったり、相続放棄する事で新たな相続人に迷惑を掛けないようにする等の手も合わせて打つべきであり、まずは弁護士や司法書士に相談するのがベストでしょう。