あなたに悩みはありますか?

その悩みのタネは人間ではありませんか?

その人間に復讐をしてみたいと考えたことはありますか?

復讐という言葉ー意味は知っていても、普段よく耳にするような言葉ではありませんよね。

ましてや、復讐代行って…文字通り復讐を”代行”してくれる方達のことですが、普通の生活を送っていたら耳にすることも口にすることもほとんどないと思います。

そう、普通に生活をしていたら縁がない、なかなか使いたくもない言葉が復讐なんです。

そういった後ろめたい行為を代行してくれるのが「復讐代行」なんです。

誰だってむやみやたらに復讐を行いたいわけではありません。

でも、どんな人にだっていますよね、復讐したい人。家族や恋人、友人、ご近所づきあいや学校・職場関係。

例えば、職場で必要以上に嫌味を言い自分を罵ってくる上司、浮気をして捨てるように離れていった恋人、毎日口うるさい姑や近所のボスママ。

相手は何の気もなしに自分のことを傷つけ、能天気に生きている。そして自分はそんな相手に何もできずにいる。

だからこそ復讐したい、復讐をすることでしか自分の気持ちは晴れることがない。そうして人は復讐することを考えるのです。

そうはいっても、直接手を下すのは後ろめたいし、万が一バレたら後が怖い、近しい人間であればバレてしまう可能性だって十分あるし…。

結局そうして多くの人は復讐を諦めてしまうんですよね。確かに、復讐の内容によっては犯罪まがいのことをしなくてはならないし、もし復讐がバレてしまえば相手から恨まれるだけでなく、周りからの信用も失ってしまいます。そして、普通は復讐なんて滅多にすることではないですから、自分の力だけで首尾よく行うことができる自信なんてありませんものね。

そんな復讐を代行するのが復讐代行です。意味はわかっていても復讐代行についてのイメージはなかなか湧きませんよね。具体的には探偵業者に近いものです。復讐を行うために情報を集め、あなたの代わりに憎い相手に復讐をしてくれます。復讐内容は依頼された相手の要望に合わせてさまざまです。

もちろん、相手にバレることはありません。実際には、あなたは復讐代行を頼んだだけで復讐自体は行っていないのですから、あなただとバレしまうことはあり得ないのです。

さて、この記事をここまで読んだくださったそこのあなた、もし復讐代行を初めて知ったのならこの言葉を頭の隅に留めておいてくださいね。いつか役に立つ日がくるかもしれません。