会社で会議などが多い方は、パワーポイントで作った資料をスクリーンに映し出してプレゼンをする機会もあるかと思いますが、私は学生時代にプレゼンが多かったのでプロジェクターにはお世話になりました。使い方はあらかじめ教授が用意してくれてあったので学生らが自ら使うということは少なかったのですが、中には授業によってそれが苦手な教授もいました。学生に手伝ってもらって授業が再開するなんてことも。

そんな大学や会社で活躍してくれるプロジェクターですが、これってレンタルできるんですね!プロジェクターレンタルサイトがあり、そこを見ると色んな種類ものが貸出されています。値段はそれぞれのプロジェクターの種類やどれくらいの期間借りるかによって変わってきます。

重視すべきポイントは、明るさや大きさです。これによってプレゼンの見え方も変わるので、重要な時ほど良いものを選ぶべきでしょう。逆に、学際などで借りる際には予算の都合上あまり性能の良いものはレンタルできない可能性もあるので、その場合は状況に応じて適切なプロジェクターが手に入ります。

それでも、プロジェクター自体に詳しいという人は少ないでしょう。そこで、プロジェクターレンタルサイトが提案している表が役に立ちます。視聴する人数から大きさを考慮したり、部屋をどれだけ暗くできるかによって明るさの指標を提示してくれたりします。

私は画面がパッと切り替わるだけのパワーポイントを利用したプレゼンくらいしかやったことがありませんが、動きの速い動画を再生して大人数に見せるとなれば、高性能のものを選ばなくてはプレゼンは失敗に終わる可能性だってあります。今は自宅で壁に画像や動画を移して1つの家具にしてしまうというものもあるくらい進化してきたようなので、軽量、小型化にとことんこだわるならばそのあたりを探してみるのも良いかもしれませんね。プレゼンや授業のためだけに使うものでもありません。

レンタルということで、プロジェクターが入れられるバッグもついてくるサイトがあるのでより便利さが増しますよね。高価なものはレンタルする、この考え方がもっと広まれば賢く節約もでき、効率的に暮らせると思います。