自分にとって一番幸せな瞬間は、好きな音楽を聴いているときです。

私には六つ年の離れた姉がおり、幼少期から姉の趣味イコール自分の趣味になることが多くあり、音楽もそのひとつでした。

姉は洋楽、邦楽問わず、幅広い音楽の趣味があり、ほかにも映画音楽やミュージカルものや、オペラやクラシックなども良く聴いており、これらがそっくりそのまま私の今の音楽の趣味になっています。

もし姉がいなかったらこれほど多岐にわたる音楽を聴いてはいなかったと思いますし、もしかすると音楽をあまり聴かずに育ち、音楽自体を好まないタイプの人間になっていた可能性もありますよね。

それを考えると姉には本当に感謝しなければならないと常日頃思っています。

私が今一番にハマっている音楽は、90年代に世界を席巻したニルヴァーナやサウンドガーデンやパールジャムといったバンドたちです。

これらのバンドはグランジとよく呼ばれるバンドで、今も多くのファンが世界中にいます。

私はとくにサウンドガーデンが好きで、やはりこれも姉の影響でした。

姉がアメリカ留学しているときに、現地の音楽フェスに立ち寄った際にこのサウンドガーデンに出会ったとのことです。

今から考えるととても貴重な体験をしているのだなと羨ましくなっちゃいますね。

今でもサウンドガーデンは現役で、いまだ衰えぬバンドサウンドは目を見張るものがあります。

こんな良いバンドを聴くキッカケをくれた姉に感謝です。