例えば、「かぼちゃもち」・・・

かぼちゃの煮物をや天ぷらを作るとき一切れ分取り置きします。

かぼちゃは冷凍します。

冷凍することで繊維が壊れ、レンジ加熱をするとき柔らかくなるのが早いので時短・節電になります。

とても簡単で子供にも作れるので、親子で作れば食育にもなります。

それでは、作り方です。

かぼちゃをレンジ加熱します。そのとき少量の水を入れます。

そうすることで、かぼちゃをクリームような滑らかな状態につぶせるようになります。

かぼちゃをレンジから取り出したら、熱いうちにマーガリンを小さじ1弱入れてつぶします。

かぼちゃの粗熱がとれたら同量の片栗粉を入れて、ひと固まりになるまで捏ねます。

その後、筒状に形を整えラップに包み、冷蔵庫で30分以上冷やします。

(厚さ5ミリの長方形に伸ばして冷やすとハートなど簡単な形にくり抜くこともできます。)

冷やして固まったかぼちゃを5ミリほどの厚さに切ります。

フライパンにバターを熱し、かぼちゃもちを両面こんがり焼きます。

焼きあがったら粉砂糖を振ります。

材料費50円以下で美味しい・ヘルシーおやつの完成です。

腹持ちが良いので育ち盛りの子供も満足。

バターをオリーブオイルに変えたらダイエットにも最適です。

黄色くて丸い見た目、モチモチした食感、優しい甘さなので野菜嫌いの子供も食べられると思います。