ランサムウェアとは、一種のマルウェアのことです。ランサムウェアに感染したパソコンはロックされたり、ファイルの暗号化をされたりして事実上操作できなくなります。そして、ランサムウェア 復元して欲しければ、「身代金」を払えと要求してくるわけです。

また、感染したパソコンへの影響だけでなく、ネットワーク上で共有しているファイルも暗号化されてしまい利用できなくなってしまいます。ですから、企業であれば即業務に支障が出てしまい、大きな損失を被ることになります。

たいてい、不正なファイルが添付されたスパムメールの受信によって始まります。添付されたファイルは、不正なプログラムをダウンロードするように仕組まれています。そして、ダウンロードしたそのプログラムが実行されると、ファイルの暗号化をし、パソコンのユーザーに身代金を要求する脅迫画面を表示させます。ですから、メールに添付されているファイルをうかつに開かないようにすることは大切です。