今日は親戚のおばちゃんの家に遊びに行った。最近名古屋に遊びに行ったので手土産に、ういろうを持っていったら、おばちゃんは、「ありがとう、これ好きなのよ」と喜んでくれた。リビングでくつろいでいると、おばちゃんは、持ってきたういろうとお茶をだしてくれた。

久しぶりに会ったので、近況を話していると、あっという間に日が暮れてしまった。そろそろ帰らなくてはと思っていると、畳の部屋の方からじいちゃんの声がした。

「ありがとうな、北海道のお土産おいしかたよ」おばちゃんは、「いやね、名古屋でしょ、ういろうなんだから」というと、「冷蔵庫にあった北海道の絵描いたの、ももちゃんが持ってきたのじゃないのかい?」とおじいちゃん。あとで、おばちゃんに聞くとバターを北海道のお土産だと思ったらしい。なんとも田舎のほっこりする話であろうか。でも、おじいちゃんコレステロール大丈夫かな。