先日、朝起きると同時に足に激痛が走り、慌てて総合病院へ行くことになりました。足の付け根の辺りが激痛で、とても歩くことさせ出来ない状態。なんとか車に乗り込み病院へ着いても歩けないので、人生初の車いすに乗ることになりました。

激痛のため乗り心地を味わう余裕もなく、整形外科の診察室の前で待つこと2時間。やはり総合病院は患者さんも多いし、待ち時間も長いですね。そんなこんなでやっと順番が来て診察室に入ると、そこにいたドクターは何と!小学生時代からの同級生という奇跡で、昔話に花を咲かせながらMRIをすすめられて画像診断をすることになりました。

結果は足に付け根部分一体の筋肉の炎症ということで、痛み止めの注射をしようか?と言われたのですが昔から不器用だったのを知っているので薬のみでよろしく、という事でなんとか家に帰りました。痛いのやら嬉しいのやら複雑な一日でした。