なぜか川柳調にまとめてみたけど、そんな失敗談をしでかしてしまいました。

きっかけはよくある健康に関するトリビアで、体をリフレッシュさせるなら熱めのお風呂に入るのがいい、

反対に精神的にリラックスしたいなら温めのお湯に浸かるといいという話を聞いたとくに

だったら熱いお湯が温くなるまでずっと浸かってれば両方いけるんじゃない?なんていう

安直な閃きが振ってきたのです。

試しに熱いくらいに設定した風呂に浸かって、そのままじっと我慢して……

熱くなってきたら半身浴にしてみたりする間にどんどん汗が出てくる感じで

これは体に良さそうだなんて勝手に思いながら、ぬるくなるターンを待ちます。

かなりの長風呂になってきましたがだんだんと楽ちんな温度になってきたので

ここでリラックスするタイミングだと察して、肩まで浸かってボーっとしてみます。

とにかく意識して力を抜いてリラックスです。

そんなこんなでかなりの時間を風呂場で費やして、これで心身ともに元気になっただろう、

さあ出るぞ!と立ち上がった瞬間、のぼせてる状態でボーっとしてたせいで

見事なまでの立ちくらみにあって危うくタイルに頭ぶつけかけました。

実はとっさについた手がこれを打ってる今もまだちょっと痛いです……