自分の父親に勝負事で初めて勝った時というのは、強く思い出に残っているものです。言い換えれば、父親を乗り越えてまた一つ、大人への階段を駆け上がっていくのではないでしょうか。私にも父親に腕相撲で初勝利した忘れられない思い出がありました。

保育園の時、「腕相撲やろうよ!」と父親に腕相撲の勝負を何度も挑みましたが、父親の壁は厚くなかなか勝てませんでした。それが、小学校高学年の頃から腕相撲で互角の勝負ができるようになり、自分自身でも徐々に力と自信がついてくるようになりました。そして中学に入学した時に、勝機が訪れました。初めて父親と真っ向勝負の腕相撲に勝つことができました。何ものにも変え難い嬉しさでした。嬉しさのあまり、「ヤッター!」と言ってしまった私は、父の壁を一つ乗り越えたような気持ちでした。それまで私は父親の背中を見続けて育ってきたので、恩返しができた心境にもなりました。それ以来、父親は私にものを教えることは無くなりました。それは、「これからは何事も自分の責任でやれ!」という無言の励ましのようにも聞こえました。

父親の壁を乗り越えることは、人間的にも成長させてくれるのだと私は感じました。