先日、上の孫の保育園の卒園式がありました。1歳の春から5年間通った保育園で、考えてみれば話す事もできなかった頃から、もう小学生になる年齢まで、毎日長い時間を過ごした所です。

息子夫婦の話によると、式中に園長先生が話している時に、涙を流し、手で涙をぬぐっていたとのことです。式が終わり、教室で気の合う友達と談笑しながら写真を親に撮ってもらったりして過ごし、いよいよ教室を出て、多くの保育園の先生と話したりしながら園を去る段になり、昨年の担任だった先生から声をかけられ話し終わって両親の元に戻ってくると、孫は涙を滝のように流し泣きじゃくったとの事でした。

男の子ですが、感性が豊かで、好きだった先生との別れを実感して涙が自然と止まらなくなったようです。幼稚園と違い、小さい時からお世話になり、しかも朝から夕方まで過ごし、生活の一部となっていた保育園です。

子供なりに、感じる所が大きかったのでしょうネ。4月から通う小学校でも、良い友達を作って、楽しいスタートを切ってくれることを祈るばかりです。